アルティスティコ

映画・音楽etc・・アーティスティックなものについて好き勝手に語っちゃうブログですが最近は何でもアリになりつつあります・笑

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画「武士の一分」を観にいってきました。
山田洋次監督の藤沢周平三部作の最後のお話なんですが、
実は他の二作品とも見たことがなくて(たそがれ清兵衛はうろ覚えでしか・・・)、
比べたりすることはできないんですけれど
「武士の一分」はとてもよかったです。

この話は江戸の下級武士の家が舞台の時代劇ですが、
夫婦の愛(絆)というのはいつの時代になっても
変わらずあり続けるものなのだということを教えてくれる映画です。

ただ、命を懸けてまで守り抜かなければならない名誉や面目「武士の一分」というものは、
多分私たちにはありませんよね。
でもその「武士の一分」を守るために命を懸けて戦うなんてとても素敵だと思います。
私もそうでありたいですね。

主役の木村くんも普段ドラマで見ている分には「あー・・・」としか思わないんですが(笑
今回の演技は本当に感動しました。
やっぱりすごいなぁ・・・

本当に観にいってよかったなと思える作品でした
っていうかもう一回いきたい・・・
スポンサーサイト
2006.12.20 23:46 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。